お年寄りの「困った!」に私たちができる身近なこと

少子高齢化社会の今、一人暮らしをしている高齢者の数も増加しています。
内閣府の調べによると2025年には国民の3人に1人が65歳以上になると言われており、比例して単独高齢者世帯も一層増加していくでしょう。
若い世代の転勤が多いことや、田舎離れをしてしまうということが、原因の1つになっています。
つまり単独高齢者世帯の多くは「頼れる親族が身近にいない」というケースが多いのです。
そのような状況で、一人暮らしをしている高齢者はどんなことに困っているのでしょうか。

不便にくわえ危険も!一人暮らしの高齢者が抱える問題

若い人達からすると何ら問題のない一人暮らしですが、高齢者にとっては日常的に不便なこと、そして命にも関わる問題がたくさんあります。

■買い物や掃除など家事全般
元気な高齢者でも足腰は徐々に弱くなっていくものです。
立ったりしゃがんだり、長時間歩いたりということは体に大きな負担がかかります。
掃除をすること、そして買い物に出かけるという日常的なことが大きなハードルになってきます。

■認知症
人と話す機会が減ってしまったり、一人という寂しさや不安を抱えたりすることが、認知症のきっかけになる場合もあります。一人暮らしで認知症になってしまうと、火の元や徘徊、薬の飲み忘れなどの恐れもあり、誰かがケアをしていく必要があります。

■孤独死
一人暮らしの為、倒れてしまっても自力で助けを呼ぶことが困難であり、そのまま亡くなってしまうケースが増えています。誰にも看取られず、発見されるまでにも時間がかかってしまうのは、とても悲しいことです。
新聞のたまり具合やガスの使用状況など周囲が気にかけてあげるというのも孤独死を予防する1つの方法です。

問題解決のために周りができること

これらの問題を解決するための方法として1番にあげられるのが「人と接する」ということです。
まず買い物や掃除など、体に負担なことは誰かに頼むということ。
例えば、買い物は宅配サービスがありますのでそれを利用するのも便利です。
そして掃除はプロの家事代行業者にお願いするのが良いでしょう。
定期的に業者さんに依頼することで、お年寄りはコミュニケーションをとることができ、それが認知症予防、そして健康状態や安否の確認にもつながります。
「年をとった親が遠方に住んでいる…」という方は、ぜひ家事代行業者に依頼をしてみましょう。
お掃除、認知症予防、安否確認と一石三鳥の役目が期待できますね。

家事代行で活躍したい方は家事ソムリエⓇ勉強会へご参加ください。

 
******************************
☆培ったスキルを活かし女性がイキイキ輝くサポート
一般社団法人 日本家事代行協会
〒115-0055東京都北区赤羽西1-29-5
〒115-0044東京都北区赤羽南1-9-4~1301
FAX 03-5249-3964
URL https://kaji-school.com/
https://www.kaji-school.com/kaji_adviser.html