学生さんにも人気のお掃除代行サービス

学生さんの1人暮らしといえば、大学デビューが一般的でしょうか。

時々、離れた高校に通うために下宿や学校近くのアパートで1人暮らしという話も耳にしますが、いずれにしても学生の1人暮らしスタートは何かとこれまでと勝手が違ってくることが想像できますよね。

まず、家族で暮らしている時には基本的に家事はお家のお母さんが担当していて自分は特に手をつけたことが無い・・・というパターンも多いのではないでしょうか。

環境が変わる上にはじめての家事。
これは何かと備えておく必要がありそうですね。

学生の1人暮らしは大忙し!

新生活がスタートし学校が始まると、学業だけではなく学生さんは大忙しです。
授業、サークル活動、友達づきあい、アルバイト・・・
二足のわらじどころではありません。

とある調査によると学生の1人暮らしで大変なことのランキング上位にやはり家事が入っているようです。

しっかり意識を持って、これまでお母さんがしてくれていたように家事をこなし環境を整えられれば良いのですが、これがそううまくいきません。

1人暮らしとはいえまだまだ親の仕送りなどのサポートがあっての暮らし。
このことが返って学生生活の責任感を希薄にしてしまう要因にもなります。
家事をする時間を取ることが出来たとしても、学業や、交友、サークル活動、アルバイトは必然的に優先順位が高くなってしまい、帰宅も遅くなりがちです。

親が時々掃除に行くことのススメ

このような理由から、家事をはじめ生活がちょっと乱れがちなのが学生の1人暮らしの心配なところ。

時折、遠方でもお家の掃除や様子伺いに子どもの1人暮らしを偵察に行くという親御さんも多いのではないでしょうか。
たまっている家事を片付けて、ストックできる手作り惣菜などを作って置いてくるといった声も良く聞かれます。

これは、単に身の回りの世話をしにいくだけの意味合いではなく、生活全般が問題なく回っているかどうか、本業である学業に専念できているかどうかの抜き打ち検査のようなものでもあるとか。

いくつになっても子どもの様子が心配になってしまうのが親心なのですね。

定期的に家事代行を使ってみるという選択

とは言え、頻繁に行き来が難しい遠方であったり、あまり直接世話を焼き過ぎるのも自立のためには得策ではないかもしれません。

でも、やっぱり気掛かり。
そして、たまにお世話に行ったときの惨状・・・。

これを解決するために、普段手が行き届きにくい場所だけでも家事代行をお願いしてみるというのも1つの手です。

日ごろからプロにお手入れしておいてもらうと室内の劣化も最小限にすることが出来て、結果退去する時に余計な費用を支払わずに済むかもしれない、と言うメリットもあります。

家事代行を賢く使って学生さんの1人暮らしを陰ながらサポートしてみてはいかがでしょうか。

☆培ったスキルを活かし女性がイキイキ輝くサポート一般社団法人 日本家事代行協会
〒115-0044東京都北区赤羽南1-9-4~1301
FAX03-5249-3964   URL https://kaji-school.com/