低リスクで起業したいなら

「起業する」ってどういうこと?

起業するというと『借金をする』というイメージがある方も少なくないかもしれません。それも結構な大金を資本金として借り入れるというイメージではないでしょうか。

起業するには店舗や事務所を構えたり、デスクやパソコン・コピー機などの備品諸々を揃えたり、場合によっては従業員も雇わなければならないので、莫大な資本金・準備金が必要になります。

でもよく考えてみましょう。まず、“起業”とはどういう事でしょうか。
大まかではありますが、端的に言えば『自ら事業を起こして、その事業でお金を稼いで生活していく事』。
しかし『10年後には97%の企業が倒産してしまう』のが悲しい現実のようです。
いえ、10年継続したらいい方なのかもしれません。ただし、負債や借金がないのが大前提ですが。

 

なぜ起業?

では、それでも起業する方がいるのはなぜでしょうか。

サラリーマンやパート・アルバイトで仕事をするには、ある程度決められた時間を拘束される事になります。決められたシフトで就業先に出向いて、一定の時間を働く事になりますね。
その仕事内容は自分が好きな事、得意とする事、現在や近い将来に役に立つ事ばかりとは限りません。

また、小さい子どもをもつお母さんや、家族に介護が必要な人がいる場合には、決められた時間に必ず仕事に行く!というのは結構ハードルが高いのではないでしょうか。
急な病気などで突然仕事を休まなければならない時、その連絡をするのは結構精神的にキツイものです。
それが何日か続いてしまうと、次の出勤時に気が重くなってしまいます…。

自分には働ける体力・気力があるのにそれを生かせない!と、今の生活環境では実行に移せないジレンマに躊躇している方も多いのではないでしょうか。

逆に言えば、自分の采配次第で仕事が出来るのが“起業”する最大の魅力です。

また、生活していく上で住空間を清潔に保つ事は、自分だけではなく家族全員にとってとても大切なファクターのひとつではないでしょうか。それにより生活の質・性格や健康までもが大きく変わってくるものです。

 

継続するには

しかし、売上がなければ維持継続は不可能です。
そして冒頭に触れたように負債・借金0が理想的!

売上をあげるには、顧客のハートを掴む事も大切ですね。
それはきっちりしたプロの仕事・サービスを提供すれば、そう難しくはないのではないでしょうか。

その仕事のノウハウを経験者である先輩から直接学べて、お互いに助け合いながら仕事を進めていける仲間がいれば『起業』の夢はグンと近づきますよね。

低リスクで起業するには資金と経費を抑える!
そしてその業界で成功している先輩から失敗例も含めた仕事のノウハウを学び、安定した業務を継続し売上を上げればそれはやり甲斐・生き甲斐にも通じるのではないでしょうか。

☆培ったスキルを活かし女性がイキイキ輝くサポート一般社団法人 日本家事代行協会
〒115-0044東京都北区赤羽南1-9-4~1301
FAX 03-5249-3964   URL https://kaji-school.com/