お掃除忘れがちの場所って?

近頃、100円ショップなどでも便利なお掃除グッズが手に入るようになり日々の仕事として掃除をしなくてはいけない主婦にとってはありがたい限りです。

そんなわけで、掃除は毎日きちんとしています、掃除好きですという人も珍しくないように感じます。

そんな、日々のお掃除に自信を持っている人でも実はうっかり掃除を忘れている場所があり、何年も意識したことが無い!という声も良く聞かれます。

こんな場所、お掃除したことありますか?

意識的に掃除をしている場所と違い、すっかり忘れ去って手付かずになっているところには次のような場所が考えられます。

・高さのある家具の上・・・目に見えない、ものに乗らないと掃除できない
・階段の手すり・・・手すりはあるのに普段使わないと意識しないことが多い
・シューズボックス(靴箱)・・・玄関は掃除をしても、靴箱は手付かずのことが多い
・冷蔵庫の上・・・目に付かないため、掃除しない。使わないものが乗っている
・照明器具の上・・・表面は汚れていないように見えても、上部はかなり汚れている
・お風呂場の鏡・・・必要性を感じていない場合、曇っていても日常的に困らない
・食器棚の中・・・おいてある食器で食器棚内部の汚れに気づきにくい
・窓のサッシ・・・窓が閉まっている状態が多いとサッシの汚れが目に付きにくい
・玄関扉の取っ手・・・室内側はそれほど汚れていないが外側は砂埃などで汚れている
・壁や天井・・・床を拭くことはあっても、壁や天井を拭く習慣が無い人が多い
・壁掛け時計・・・電池交換の時くらいしか手にしないため汚れに気づきにくい

少し、あげただけでもこれだけの場所が掃除を忘れがちな場所として考えられます。
ですが、これも忘れがちな場所のほんの一部。

では、こうした掃除を忘れがちな場所をきれいに保つには一体どのようにしたら良いでしょうか。

お掃除忘れを防ぐコツ!

これだけの忘れがちな場所を一度に掃除をするのはとても大変で考えただけでも諦めてしまいたくなります。

そうならないためにも、忘れがちな箇所をリストアップし曜日を決めて一日一箇所掃除を行うことをお勧めします。

目に付くところは毎日掃除を行わないと汚れが目立ってしまいますが、日ごろ目に付かず忘れがちだったところは幸い人目につくことも少ない箇所です。

一日一箇所掃除で、毎日ではなくても定期的に掃除をするくらいできれいな状態を保つことが出来ます。

年単位で放置してしまうと汚れも油などと一緒になってすっかり取れづらくもとの状態に戻すのが大変です。

一週間単位や、一ヶ月単位で忘れがちな場所を定期的に掃除するためのリストを作成して是非一日一箇所掃除を試してみてくださいね。

これを行っていれば年末の大掃除もきっといつもより楽に時短で済むはず・・・。

☆培ったスキルを活かし女性がイキイキ輝くサポート一般社団法人 日本家事代行協会
〒115-0044東京都北区赤羽南1-9-4~1301
FAX 03-5249-3964   URL https://kaji-school.com/